KAKOの絵日記

kakoさんの気まぐれブログ。ほそぼそと更新しています。
<< 男前のKAKOですって | main | やったね >>
健康寿命
 
健康寿命とは

元気で動ける寿命のこと


生命力があり長生きできても

身体が自由に動かせなきゃ辛い

寝たきりになって または自分の意思で行動できなくなっても

寿命はある

どこまで元気で動けるか? これが健康寿命だと

kakoは思う



昨年に引き続きkakoのテーマは脳の活性化

人の脳は年齢に関係なく活性する

もちろん年齢とともに死んでいく脳細胞もあるだろう

でも 動かし続ければ必ず活性化していると

kakoは信じている

だってみたことないから・・・脳を・・・

クライアントを見ていると

あっ 活性化してるって気付かせてもらえることが多い



しかし 脳も関節も同じで

使ってあげなきゃ

動かしてあげなきゃ

こらゃ さびていく



歩く・・・なんて考えなくても足が交互にでる

元気なときは当たり前

でもちゃんと脳は信号を送っている


では それ以外訓練していないことはどうだろう?


例えば指遊び

簡単なようでできないことってあるよね

でもうまく意識の伝達ができればできる

すぐできることもあれば

練習 そう訓練すればできるようになることもある

使わないことはできなくなってる

それに気づくことも大事なことだと思う



kakoのレッスンでは毎回脳トレが入ってる

だって 身体を動かしてるのは脳だから・・・



できなくてもいいんですよ

やろうとした

考えた

これだけで 脳が動いてくれてますよね

って毎回楽しくレッスンを勧める




もう何年も脳トレ リズム・・・

をやっているが

80歳で出会った方

70歳で出会った方

どなたも変わってない

ってことは・・・

健康年齢が続いてる

すごくうれしい

そして

最近元気になったねって言われるの・・・

ってお言葉

これって若返ってるってことですよね



素晴らしい水の力


さぁ 大変ハードな日常ですが

今日も一生懸命

そして kakoも負けないように脳を使ってきます



| KAKO | - | 08:45 | comments(1) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 08:45 | - | - | -
こんにちは。初めましてnanasiです。

以前友人から「この先生のブログは、子供のような感性で、含蓄のあることを書いてるよ」と教わり、拝見しました。
kako先生は本当に可愛らしく、奥の深い文章を書かれていますね。木村梢先生のエッセイを思い出しました。
木村先生は息子さんから「少女の干物」と称されたそうですが、kako先生も「少女の干物」ですね(笑)

もし、体が動かなくなったら、私は生きていたくありません。現実は思い通りにならないことだらけで、なのに唯一自分の意思に従ってくれる体までなくなったら、きっと辛くて苦しくて孤独で、生きてなんていられないと思います。

けど、今。もし将来そうなっても、kako先生のもとで育ったチームkakoの皆さんが、救ってくださるのではないかとも思っています。そのころにはきっと、kako先生はもうおられないでしょうから・・・。

暗いコメントですみません。これからもお仕事がんばってください。応援しています。
| nanasi | 2010/03/03 12:50 PM |









http://kako-enikki.jugem.jp/trackback/24
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>